謹賀新年

あけましておめでとうございます.

昨年はブログのアップが滞ってしまい,皆様にご心配いただきましたが,元気です.

これからも細々とでも続けていくつもりです.

本年もよろしくお願い申し上げます.

今年の最初は昨年の全日本鳥フォトコンテストで入賞させていただいた写真から.

CS3R8215Ln.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

鬼の洗濯板

の上で,休憩していました.

CS3R8177Ln.jpg

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

芝生の上

で,集会を開いていました.

CS3R8622Ln.jpg

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヒドリガモ

鳥見の楽しみ方には多くの方法があります.

初見の楽しみが最も楽しいものでしょうが,何年も鳥見を続けるには,それだけではモチベーションが続きません.

身近な鳥の観察を続けると,図鑑に書いていないことが多いことに気付きます.

最近では,インターネット上で,いろいろな情報を得ることができます.

見たことのない鳥については信じるしかないのですが,よく見る鳥については,情報を自分で確認していく作業が面白いですね.

そこに新しい発見の可能性があるのでしょうね.本当に「研究」の世界に似ています.

複雑と思われる現象を,わかりやすく解説してくれるのが真の実力者だと思います.

私が楽しみに見ているブログの一つで「シギチクラブ」さんのブログに,ヒドリガモの年齢識別というのがありました.(http://wonderfulbirds.seesaa.net/article/113979765.html)

雨覆に注目と言うことでした.本日,O川沿いの建物で当直中でしたが,窓からヒドリガモが見えました.

「シギチクラブ」さんのコメントを思い出し,10分だけ休憩をもらって,カメラ持って写真を撮影に行ってきました.

たまたま走ってきた子供に驚き飛び立った所を撮影できました.

確かに雨覆の色が違う!勉強になりました.

(ヒドリガモ:右が成長♂,中央が去年生まれの♂?,左は♀ Nikon D80 + Ai AF VR Zoom-Nikkor ED 80-400mm F4.5-5.6D ISO400 F5.6 1/2000, 対象まで約25m)
DSC_6696.jpg

DSC_6703.jpg

DSC_6714.jpg

DSC_6712.jpg

コメント:
--
亀吉1981

なるほど,そういう識別ポイントがあったんですね.
羽を閉じているときも違いがわかりますね.
これからヒドリガモを見るときは注目します.
2009.3.2(月曜日)-09:16AM
--
ROBIN

「眼から鱗」的なこと,自分でも探したいのですが,なにせ観察時間が限られていますものね.
2009.3.2(月曜日)-01:04PM
--

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

ROBIN

Author:ROBIN
宮崎県 男性 
ある時,ふと耳をすますと,たくさんの鳥の声が窓の外から聞こえてくる事に気づきました.
このブログは,そんなきっかけで鳥見に夢中になった管理人が思いつきで始めたきままな日記です.
休日にデジ一眼,デジスコ抱え万歩計つけて野山に出かけたり,犬の散歩したりしています.

翻訳
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
2014年野鳥写真集
title14kuro.jpg

2014年に撮りためた写真の中から,47枚の写真を選んで写真集にアップしてみました.

>>ここからお入りください
2013年野鳥写真集
2013_2.jpg

2013年に撮りためた写真の中から,48枚の写真を選んで写真集にアップしてみました.

>>ここからお入りください
デジスコ倶楽部WEB個展2012.03
1203WEB個展

デジスコ倶楽部WEB個展を 2012年3月に開催させていただきました.もしよろしかったら,のぞいてみてください

>>ここからお入りください
雨雲の動き
宮崎の潮位
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ